自分らしくを探す旅

日々の記録 

雨の日が、好きなわけ

昼から雨が降り出すと

予報では言っていたけれど、

5時と共にようやくポツポツ降ってきた。

 

雨の日が好きなわけ。

いろんな雑音が雨音にかわるから

 

例えば、うちの前。

3年前からずっと道路工事をしている。

 

未だに完成の見通しが立たない。

道路工事の重機のけたたましい騒音と振動!

 

聴覚過敏のわたしには非常にストレスを感じる。

 

また、うちの前には家庭菜園が広がり

朝早くとか夕方になると草刈り機の音が響く。

 

うちの前の道路は、近所の小学生達が

7〜8人ほどで自転車で暴走する。

そして、なぜ我が家のまえでたむろって

叫び声をあげてはしゃいでいる。

 

家の中で、穏やかに過ごしたい時に

様々な雑音にイライラしてしまうのが

悩みなのだ。

 

そんなわけで、雨の日が好きだ。

 

工事は休みになるし、草刈りもしないし、

子供達が自転車に乗らない。

 

じっくりと好きな本を読める! 

 

 

晴れた日も好きだ。

朝から天気がいいと気持ちが上向くから

 

晴れた日は、なるべく出かけるようにしている。

散歩をしたり、写真を撮ったり 

太陽の陽射しと、風を感じて

季節のうつろいを肌で感じる。

 

 

嫌いなのはどんより曇り空

降るでもなく、晴れるでもない

 

グレーな状態にモヤモヤがたまるから

 

そんな日は、なるべく寝るか

お気に入りのドキュメンタリーを見るか

料理に没頭するか

 

そんな風にして過ごしている。