自分らしくを探す旅

日々の記録 

綿毛


何年ぶりに乗っただろう…

ガタンガタンと揺られて

各駅停車 

あたたな光を浴びながら

ゆっくりと走る田舎の電車


いつも時間に追われて

車の移動  

何処に行くにも 車

常に自分で運転  

慌ただしく急かされて 

気持ちは常にいきりたっていた


何個目の駅から 

大きな荷物を持った若者が乗り込んできた 

一緒に何かが 

ふわり ふわりと車内に舞い込んだ

蚊か? とよく見ると

ふわふわの綿毛 

ふーと一息ついたら

ドアからまた外に飛んでいった


ガタンガタン 

電車は走り出す  

車窓に春が流れていく

たまらなく心地いい