自分らしくを探す旅

日々の記録 

居場所はどこに

物心ついた頃から

気がつけば一人でいた。

クラスの班決めの時、

バスの席、

体育のバトミントンの相手、

席替え、

 

いつも最後まで相手が居なくて

先生が決めた。

 

寂しい。

集まって皆楽しそう。

羨ましい。

ワタシはその中に入れない。

ドウシテ?

 

大人になって 

結婚して家族が出来ても

ずっと寂しさは募った。

 

寂しさは怒りとなって

幾度となく爆発して

家族も離れていった。

 

そう。自業自得なんだ。

 

日曜日、風が強く吹き付ける道を

一人で歩く。

 

暖冬のせいか、卒業式の匂いがした。

 

永遠に手に入らない、

ワタシの居場所。